「うに」について

うにの産地は日本全国北から南まで、至る所で取れますが上記に示した代表的なうには、北海道沿岸で取れるところが多いです。浜中はもちろん、根室・標津・オホーツク・利尻・礼文・日本海・道南・襟裳など地域によっても、取れる種類が違ったり、季節も違います。

小川のうにの産地は季節によって変わります。

春から夏にかけては、オホーツク沿岸。夏から秋は、道北、道南。秋から春にかけては道東周辺。

冬から春にかけては噴火湾周辺というように、季節で一番旬のものを取り入れて出荷しています。

良質な昆布が育つ海は、昆布を餌とするウニにとって最適な環境です。
特に浜中町は全国有数の生産量を誇る昆布の町であるとともに、ウニの生産も盛んです。
天然ウニは浜中町近海に自然生息しているもので、稚ウニ放流などで貴重な資源を増やしつつ、
取り過ぎて資源がなくならないよう適正管理を行っています。
また近年では、養殖事業も盛んになり、養殖かごの中で餌となる昆布を与えて稚ウニから育成して、
出荷サイズまで成長したものを海中からかごをひきあげて市場に水揚げします。
味も見た目も一級品として日本一の築地市場でも高値で取引されており大変高い評価をいただいています。